仮想通貨の稼ぎ方【初心者でも安全に100万円を稼ぐ方法3選】

「仮想通貨で億り人」

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

仮想通貨で億を稼ぐことを揶揄した言葉です。

実際、仮想通貨が大高騰した2017年・2020年に、タイミングよく売買できていれば、億を稼ぐこともできました。

しかし、私たち凡人がいきなり「億を稼ぐ」のは、宝くじで1億円当たるようなもの。

それにも関わらず、無理をして身の丈に合わない「投機」をしてしまい、結果、億どころか、多大なマイナスを背負ってリタイアせざるを得ない状況になってしまう人が後を絶ちません。

私もかつてはそうでした。

衝動的に適当に仮想通貨を購入し、何万か稼げたと思ったら何十万と失う…

こんな繰り返しでした。

しかし、自分でルールを決め、きちんとそのルールに基づいて売買すると、結果が大きく好転したのです。

現に、約1年間で90万円程の利益を確定させることができました。

おきな嫁

えっ!!そんなに稼いでたなんて知らなかったんだけど・・・

おきな

あっ、いや・・・隠してたわけじゃないんだけどね・・・

この記事では、私の仮想通貨取引の成功事例をもとに、初心者でもリスクを最低限に抑えて資産を増やす取引方法を紹介します。

この記事を読んで、自分自身のルールを決め、そのルールに基づいて売買を繰り返せば、資産が増える可能性がぐんと上がります。

実際に、私の取引事例も出していきますので、参考にしてください。

結論から申し上げますと、仮想通貨取引において、現物取引の中期・長期投資が一番リスクを抑えられて、利益が出る取引内容になります。

それでは詳しくお伝えしていきたいと思います!

※あくまで投資は最終自己責任です。自分自身の判断に基づいて実施するようお願いします。

こんな方におすすめ
✔仮想通貨の購入を検討しているが、何から始めていいか分からない方
✔レバレッジ取引でボロ負けした方
✔仮想通貨の基本を知りたい方

目次

仮想通貨の稼ぎ方【仮想通貨とは?】

まずは、「仮想通貨とは何ぞや」というところから簡単に解説していきます。

仮想通貨とは

仮想通貨とは?
電子データのみでやり取りされる通貨。
一般的な法定通貨と異なり、国や銀行などの発行元がなく、暗号資産を利用するユーザー同士で管理される。

国や銀行などの発行元がないということは、仮想通貨がお金であるという信用がないということになります。

つまり、何かをきっかけにして、通貨としての価値を失うリスクをはらんでいるということになります。

日本円や、アメリカドルなどの通貨は、恐らく、なくなることはないですが、仮想通貨は価値を失ってしまう可能性がある点で、価格の乱高下が激しいのです。

仮想通貨取引を行うためには?

では、仮想通貨取引を行うためには、どうすればいいのでしょうか?

結論から言いますと、仮想通貨取引所の登録をする必要があります。

仮想通貨取引所とは?
仮想通貨の売買を行う場所。
取引所に登録することで、仮想通貨の売買が可能となる。

仮想通貨取引所によって、扱う仮想通貨が異なったり、購入する際の手数料が異なったりするので、自分に合う取引所を見つけるのが重要です。

また、取引所に登録すると、「販売所」と「取引所」の2つがあり、それぞれから仮想通貨の売買をすることができます。

販売所と取引所
【販売所】
○メリット
取り扱いコインが多い。すぐに売買できる。
●デメリット
購入時、売買時の手数料が高額。
【取引所】
取引所は、ユーザー同士で売買を行う。
○メリット
手数料が格安!
●デメリット
取り扱いコインが限定される。

1番の違いは、売買時の手数料が異なる点です。ビットコインは、売買する際に「スプレッド」と呼ばれる取引コストがかかります。

このスプレッドが非常に利益に関わってきます。

スプレッドが小さければ小さいほど、購入時・売却時にかかる手数料も安くなるので、手元に残る金額が多くなります。

ちなみに、スプレッドは売買のタイミングによっても変動します。(後ほど詳しく説明します。)

仮想通貨の金額が乱高下している際は、スプレッドもかなり高額になっている可能性が高いので注意が必要です。

仮想通貨の稼ぎ方【おすすめ仮想通貨取引所3選】

では、私がおすすめする、実際利用している仮想通貨取引所をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

国内最大級の仮想通貨取引所です。

セキュリティーがしっかりしていること、何より、見やすく購入しやすいので、初心者の方にもおすすめです。

私が初めて仮想通貨を購入したのも、bitFlyerでした。

代表的な仮想通貨は基本的に購入できます。

bitFlyerのメリット
・仮想通貨の売買が分かりやすい
・国内最大級の取扱所でセキュリティーが安心

bitFlyerのデメリット
・チャートが見づらい(個人差があると思いますが、私個人的には)
・「指値」「逆指値」取引ができない

「指値」・「逆指値」とは?
希望価格を指定して売買する方法。
指値注文は希望価格より安くなったら購入、高くなったら売却
逆指値注文は希望価格より高くなったら購入、安くなったら売却

 

Coincheck(コインチェック)

国内最多の取り扱い通貨を誇る取引所です。

2018年に世間を騒がせた「NEM流出事件」が起こった仮想通貨取引所です。

しかし、その後、マネックスグループの傘下に入ったため、セキュリティーについても大幅に改善されています。

最近は、CMでもよく目にしますよね。

Coincheckのメリット
・アプリが使いやすい
・売買が分かりやすい

Coincheckのデメリット
・スプレッドが大きい
・レバレッジ取引ができない

レバレッジ取引とは?
元手の何倍もの取引を可能にする取引方法。
利益が大きくなる一方、損失も大きくなる可能性も有。
証拠金(元手)が一定以下になると強制的に売却される。(ロスカット)

DMM Bitcoin

DMMが運営する仮想通貨取引所。

現物取引とレバレッジ取引を利用することができ、特に、レバレッジ取引ができる銘柄が多いのが特徴です。

ビットコイン以外のコインのことをアルトコインと言いますが、アルトコインの取引が充実している印象です。

DMM Bitcoinのメリット
・レバレッジ取引ができる銘柄が充実
・チャートが見やすい

DMM Bitcoinのデメリット
・スプレッドが大きい
・現物の取り扱い銘柄が少ない

仮想通貨の稼ぎ方【仮想通貨売買のための基礎知識】

ここまで、仮想通貨の取引方法、おすすめの取引所を紹介してきました。

ここからは、仮想通貨で稼ぐために知っておくべき基礎知識を解説していきます。

株やFXなどをされている方は、ご存じの方も多い内容だと思いますので、読み飛ばして頂いてもオッケーです!

仮想通貨の分析方法

仮想通貨の分析方法については、2つあります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。

おきな嫁

いきなり専門的な言葉が出てきたけど・・・

おきな

難しそうに聞こえるけど、そんなに難しくないから安心して!
ただ、ここから聞き慣れない専門用語がいくつか出てくるから、頑張ってついてきてね!

ファンダメンタルズ分析とは、簡単に言うと、仮想通貨の価格変動の要因を、経済活動の動きから分析する方法です。

例えば、2020年、コロナウイルスが世界的に広がり、経済活動が大きく制限されることになりました。

日本でも初めて緊急事態制限が出され、これからの経済の先行きに、誰もが不安を覚えたのは記憶に新しいですよね。

要は、これがファンダメンタルズ分析です。実際に、そのときのチャートを見てみましょう!

チャートというのは、1日、1週間、1ヶ月といった期間の中で、仮想通貨の価格を分かりやすいようにグラフ化したものです。

この図は、1日毎に更新されているビットコインのチャートです。

赤丸で囲っているところが、まさにコロナウイルスが流行りだした2020年2月~3月頃のチャートです。

見て頂くとわかるように、2020年2月に1BTC=1,140,968円だったものが、たった1ヶ月ちょっとで1BTC=423,450円となっています。

たった1ヶ月で半値以下になっています。恐ろしいですよね。

これは、まさにコロナショックで市場全体が経済の先行きに不安を感じたため、ここまでの下落になりました。

ここで重要なのは、市場の予想は早めに動くということです。

2020年2月というと、ちょうど中国武漢でコロナ罹患者が現れた時期で、日本の感染者はまだゼロでした。

この頃から、仮想通貨市場は敏感に反応し、先行き不透明になると予想した投資家がこぞって売りに走った結果、大暴落が起こりました。

このように、経済動向を分析することで、価格の変動を分析するのが、ファンダメンタルズ分析になります。

経済動向から仮想通貨市場の動きを予想するのがファンダメンタルズ分析

もう一つの分析方法が、テクニカル分析です。

どちらかというと、こちらの分析方法が一般的に想像される方法かもしれませんね。

いわゆる、「パソコンの前に座って、3つぐらいの画面をじーっと見つめながら売買する」という、あれです。笑

簡単に言いますと、チャートを見て、チャートの形から、「買い」「売り」のタイミングを分析する手法です。

チャートを分析し売買を行うのがテクニカル分析

ただし、声を大にして言いますが、このテクニカル分析の手法は、ものすごく難しい。

私も一通りは勉強して、FX含めチャレンジしましたが、なかなかうまくいきませんでした。

テクニカル分析は、多くの方法論があり、勉強しだすと非常に奥深く、様々な手法があります。

しかし、今回紹介する稼ぎ方ではそこまでの知識は必要ありません。最低限知ってもらいたいことだけ紹介したいと思います。

難しくありませんので安心してください!

テクニカル分析の基本、ローソク足

ローソク足というのは、これです。

この1つ1つがローソクに似ているのでローソク足と呼ばれています。

このローソク足の組み合わせがチャートになります。

1日単位、1時間単位、1分単位というように、時間軸によって、日足、時間足、分足というような言い方をします。

仮に、先ほどのローソク足が日足だとすると、1本のローソク足が1日の値動きを表していることになります。

ですので、この日足では、ローソクが5本あるので、5日間の値動きが読み取れます。

これらローソク足ですが、青いローソク足と赤いローソク足があります。

青いローソク足を陰線、赤いローソク足を陽線といいます。

日足において、青いローソク足であれば、1日の終値(1日の最終値)が始値(1日の始まりの値)を下回った、赤いローソク足であれば、終値が始値を上回ったことを表しています。

ローソク足も詳しく見ていくと、他にも様々な見方がありますが、ここで押さえておいて頂きたい最低限の知識は以上になります。

トレンド相場とレンジ相場

続いては、相場の見方を2つ紹介します。

簡単に言うと、左の図がトレンド相場、右がレンジ相場です。

見て頂くだけでも、なんとなく分かるかもしれませんが、それぞれ解説します。

トレンド相場とは?
チャートにおいて、一定の方向に価格が推進している状態のこと。
価格が上昇していくことを「上昇トレンド」、逆に下降していくことを「下降トレンド」という。
相場では、この上昇・下降トレンドが、常に入れ替わり立ち代わり現れる。

レンジ相場とは?
チャートにおいて、ある一定の幅で上下を繰り返す相場のこと。ボックス相場とも言う。

この、レンジ相場・トレンド相場が繰り返し現れ、チャートを形成します。

レンジ相場が続いた後、上下どちらかに突き抜ければ、「上昇(下降)トレンドが起きた」と言われます。

このトレンドにあわせて、うまく売買ができれば、利益を上げることができると言われています。

「トレンドに乗る」なんて言われたりもしますね。

仮想通貨の稼ぎ方【初心者でも安全に100万円を稼ぐ方法3選】

さて、ここまで仮想通貨の基本的なところを見てきました。

他にも、チャートの分析方法は多岐にわたります。

多くの分析方法を理解するに越したことはありませんが、今回紹介する仮想通貨の稼ぎ方は、最低限チャートが読めれば、取引をすることができます。

冒頭でもお伝えしたように、仮想通貨の安全な稼ぎ方は、仮想通貨を購入し、中長期的に持ち続けることです。

短期的な売買よりも、中長期的な売買の方が利益を生み出しやすいことは、私の経験が物語っています。

順番に見ていきましょう!

短期売買の落とし穴

まずは、実際の私の購入履歴から、初心者が絶対にやってはいけない投資方法を解説します。

時は遡り、仮想通貨バブルと言われた2017年。

当時、話題になっていたビットコインをbitFlyer(仮想通貨取引所)を通じ、適当に購入すると、本当に数日で5万円程稼げました。

この経験から、「こんなに簡単に稼げるんだ…」という安易な考えを持ってしまったのです。

この頃から、購入するしないに関わらず、毎日、ビットコイン中心に、仮想通貨の値動きを見る習慣がつきました。

そして、「もっと利益を上げたい!」と思い、購入のタイミングを計ると共に、レバレッジを効かせようと思い始めます。

仮想通貨取引所、とりわけレバレッジを効かせた取引を多く扱っていたDMMビットコインを新たに開設し、2020年に初めてレバレッジを効かせた取引を開始します。

取引口座に100万円入金し、試しにレバレッジを1.5倍にしてビットコインを購入してみたところ、数時間で7万円程稼げました。

「これはすごいな!これを繰り返せば本当に億り人も夢じゃないかも!」

とか、アホな考えを抱くようになります。

そして、レバレッジを効かせた短期売買を繰り返した結果がこちらです。

2020年7月~12月までの5か月間、複数回「売り」「買い」を繰り返した結果、利益確定できたのが587,584円、損切でマイナスになったのが1,216,272円…

差額で言うと、628,688円ものマイナスになってしまったのです。

100万円あった元手資金も30万円ちょっとになってしまいました。

元手が少なくなると、そもそもレバレッジを効かせることができなくなります。

しかも、若干の含み損が出ただけで、ロスカットを余儀なくされるという負のスパイラルに陥るのです。

含み損、ロスカットとは?
「含み損」とは、損を含んでいる状態のこと。
つまり、その時点で購入価格よりも売却価格の方が安くなること。(買いから入った場合)
ロスカットとは、含み損が膨らみ、担保として取引所に預けている証拠金(元手)が不足することにより、強制的に含み損のまま、持っている仮想通貨を売却(購入)させられること。

レバレッジ取引の場合、証拠金が少ないと、自分の思うように取引ができなくなります。

含み損が膨らんでも、そのまま放っておけば、1か月後にはプラスに転じている可能性も大いにあります。

しかし、証拠金が少ないと、含み損が膨らまないよう、強制的にロスカットされてしまうのです。

この経験を通して言えること、それは、レバレッジを効かせた、元手が少ない取引には絶対に手を出さないことです!

証拠金(元手)が少ないレバレッジ取引は、手を出さない!

中・長期投資のすすめ、失敗しない仮想通貨取引

レバレッジ取引に手を出してしまったことで、60万円にも及ぶマイナスを作ってしまいました。

「もうこんな取引二度とするか!」そう胸に誓いながらも、負けた分をなんとか取り返したいという気持ちが湧き上がってきました。

しかし、同じレバレッジ取引をいくらやっても、恐らく同じ結果になる、ということは目に見えていました。

チャートを分析する勉強をもっとして、再チャレンジするか、FXなど別の手段をとるかいろいろ考えていた時、ふと思い出したことがありました。

そう、2020年のこと。

仮想通貨が暴落したタイミングで、1BTC=50万円程の頃、買い時だと思って、貯金代わりに1BTC購入したことがありました。

この時は、特に売るつもりはなく、レバレッジの短期投資とは別に、「ほっといたらどうなるかな」と思って保有することにしたのです。

すると、多少の上下はありましたが、1ヶ月たった頃には、1BTC=70万円を超えており、20万円の含み益が出たのです。

コロナによる経済低迷の出口が、まだ全く分からない頃だったこともあり、20万円で利益確定させました。

(結果論ですが、その後、1年間売らずに持ち続けていれば、1BTC=700万円近くまで高騰しましたが…笑)

要は、短期でレバレッジを効かせて、売買するのではなく、ある程度下がったと思ったときに、現物を買い入れる。

これが仮想通貨で利益を上げる方法ではないのか!

そう思ったわけです。

そこで、いざ実践してみようと思い、証拠金を追加して、現物取引を始めてみました。

その時の売買の結果は以下の通りです。

少し分かりづらいかもしれませんが、上の表が購入した仮想通貨、下の表が売却した仮想通貨の一覧です。

2020/3/16に590,873円で購入したビットコインを同年4/7に795,120円で売却し、204,247円の利益を得たということになります。

全てあわせると、購入総額2,922,843円に対し、売却総額3,842,586円なので、919,743円の利益を確定させることができたのです。

レバレッジを効かせて、マイナスになってしまった金額が、約65万円程でしたので、見事、マイナス分も取り返し、プラスの実績を上げることができました。

この事例からも分かるように、少ない元手で大金を得ようとするのではなく、中長期的に我慢強く持ち続ければ、結果利益を生む可能性が非常に高くなるのです。

仮想通貨取引勝利の方程式は、中長期的な保有にあり!

【初心者でも安全に100万円を稼ぐ方法3選】

仮想通貨取引において、リスクを最小限に抑えて利益を得るには、中長期的な投資が重要であると説明してきました。

しかし、やみくもに、購入しても利益を上げることはできません。

ここでは、中長期的な仮想通貨取引を行うために、私が必ず注意すべきと思うポイント3選について解説していきます。

購入・売却のタイミングをあらかじめ決める

これは非常に重要なことです。

いくら長期投資を前提に購入しても、価格が高騰したちょうど山のてっぺんでの購入となると、利益が出づらい結果となってしまいます。

誰でも分かることですが、できるだけ安いタイミングで購入し、高いタイミングで売りたいわけですよね。

しかし、どこが価格の山で、どこが価格の谷なのかは、誰にも分かりません。

後でチャートを見返したときに「ここが山だったな」というのが、結果論分かるだけで、これでは購入のタイミングをずっと逃し続けることになってしまいます。

そこで重要なのは、自分で底を決め、どこまで下がったら購入するのかを、あらかじめ決めておくことです。

自分で価格の底を決め、底値を切ったときに購入する。

具体的にチャートを見てお話しましょう。

このチャートは、2021年10/9時点の仮想通貨XRP(リップル)の現物チャート(4時間足)です。

このくくりだけで見ると、だいたい1XRP=90円~95円あたり(赤まる)が底値、120円前後(青まる)が高値となっています。

実際、私も購入のタイミングを狙っていますが、この期間は短期的に見ると、上昇トレンドが現れているので、価格は上がってきています。

私のルールの中で重要なのは、このトレンドの局面では購入を控えることです。

このチャートで言うと、私が購入を検討するのは、赤まるで示した90円前後のタイミングです。

90円付近に価格が落ち着き、レンジ相場を形成し始めたときに購入し、青まるで囲んだ120円前後の時に売りたいなと考えながら、毎日価格をチェックしていきます。

仮に90円で購入し、120円で売却できれば差額が30円となります。

5,000XRP購入したとしたら、購入時は450,000円、120円時点で売却できれば、600,000円となるため、差額150,000円が利益となるわけです。

購入、売却時のスプレッドに注意

相場を見ながら、自分である程度購入する価格、売却する価格を決めました。

「よし!自分が購入しようと思った価格になったから、購入するぞ!」

ちょっと待ってください!

確かに自分の決めた価格になったら購入するのですが、購入する際に、もう1つ見るべきポイントがあります。

それが、購入時のスプレッドです。

スプレッドとは?
購入価格と売却価格の差
スプレッドが大きいほど、購入した瞬間から含み損を抱えたスタートになる。

簡単に言うと、1BTC=1,000,000円になったときに1BTC購入しようとすると、実際は1,010,000円かかり、同じタイミングに売ろうとすると、990,000円にしかならないということです。

実際の画面を見て頂いたら分かりやすいと思います。

これは2021/10/9のビットコインの価格です。左は9時08分、右は8時51分時点の価格です。

注目して頂きたいのは、赤まるで囲っている部分。

左は66,384円になっているのに対して、右は68,699円になっています。

これがスプレッドです。

たった20分足らずで約2,000円の価格差が出ています。

特に、大きな上昇(下降)トレンドが起こって、仮想通貨の額が高騰(下落)すると、値段を調整するために、あり得ないほどのスプレッドがかかることがあります。

(ビットコインだと、スプレッドが20万円超えたりします。)

ですので、自分が狙っていた額まで急降下して、「今だ!」と思って即買いすると、スプレッドが大きすぎて、購入した瞬間から含み損が跳ね上がるケースがあるのです。

重要なのは、トレンドが現れて、自分が狙った価格になっても、しばらく様子をみることです。

その間に価格が戻ることも多々ありますが、それは買い時ではなかったと割り切って、次のチャンスを待つしかありません。

くれぐれも焦って購入しないように気を付けてくださいね!

自分が決めた底値が来ても一呼吸。スプレッドに細心の注意を!

購入後は気長に待つ、焦っての損切は厳禁

最後の注意点は購入後のお話です。

価格の変動を毎日確認し、ようやく自分が購入しようと思う価格になり、スプレッドの値差も落ち着きました。

ようやく購入まできましたが、むしろこの後が重要です。

いざ、購入すると、やはり、価格がどうなっているか、どうしても気になるため、日々チェックすることになると思います。

ここで重要なことは、目先の損益に一喜一憂しないことです。

「ここまでの価格になれば売る」というルールを作っていると思いますので、その価格になっていないのであれば、ルール通り、大人しく待つのが得策です。

売るまでの間には、ほぼ確実に含み損を抱える時期があります。

その時期、いかに耐えられるかが勝負の分かれ道になるでしょう。

現物取引の場合、レバレッジを効かした時とは異なり、意図せず強制的にロスカットされることはありません。

すべて自分の意志の通り売買できますので、自分が耐えられる価格をあらかじめ決めて、ルールに則って売買を進めるようにしてください。

購入後は、じっと我慢。自分のルールに則った売買を心がける!感情に左右されない!

仮想通貨の稼ぎ方【初心者でも安全に100万円を稼ぐ方法3選】まとめ

いかかでしたでしょうか?

私の経験則に基づいて、初心者でもリスクを減らして、仮想通貨で稼ぐ方法を解説してきました。

繰り返しになりますが、重要なことは、その場の感情に左右されず、自分の決めたルールに則って売買を進めることです。

感情に左右されればされるほど、結果はうまくいきません。

まずは、きちんと計画を立て、自分の売買のルールを決めてください。

仮想通貨の稼ぎ方まとめ
  • おすすめ仮想通貨取引業者
    bit Flyer
    Coincheck
    DMMビットコイン
  • 仮想通貨分析方法
    ・ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析
    ・ローソク足
    ・トレンド相場とレンジ相場
  • 仮想通貨稼ぎ方
    ×短期的レバレッジ投資→損切り、ロスカット
    〇中長期的投資→自分でルールを策定、ルールに基づいて売買
  • 仮想通貨売買の注意事項
    ・購入タイミング→高値で購入しない。チャート分析
    ・スプレッドの確認→トレンド直後のスプレッドは特に注意
    ・感情にとらわれない。ルールに従って売却

ただし、仮想通貨の取引は、他のどの金融商品よりも値動きが激しいです。

現物取引でどれだけルールを決めていても、マイナスになってしまう可能性は常に付きまといます。

重要なのは、余剰資産で投資をすることです。

資産の3%ほどを、仮想通貨に投資すれば、仮に半値になってしまったとしても、リスクは最小限に抑えることができます。

みなさんが取れるリスクの中で、健全な投資を行い、勝利を目指しましょう!

この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

33歳、妻・0歳児息子の3人家族
通信業勤務10年、携帯・NET関係のプロ。経済的に会社に依存している状態に危機感を抱き、FP・簿記を取得、「お金」について学ぶ。
家計・通信の節約、資産運用、おすすめ書籍紹介など、役に立つ情報を発信。
ブログ2ヶ月でGoogle AdSense合格、7ヶ月で4桁収益達成。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる