携帯会社サブブランド・格安携帯って? 楽天は格安携帯?携帯電話に求めることとは

家計節約
おきな嫁
おきな嫁

最近、新しい携帯会社がたくさんあるよね!
ahamoはdocomo?なんだよね?

おきな
おきな

そうだよね!
ahamo、LINEMO、povoはdocomo、SoftBank、auの新プランだよ!

おきな嫁
おきな嫁

ahamoはdocomoのプランより安いって聞いたけど、これが格安携帯なの?

おきな
おきな

安いのは間違いないけど、厳密に言うとahamoは格安携帯ではないんだよね。

おきな嫁
おきな嫁

ふーん・・・よく分からないけど、違うんだ・・・

おきな
おきな

分かりづらいよね・・・今回は携帯電話の位置づけについて詳しく解説します。
切り替えについて検討している方は、是非参考にして下さいね!

docomoにahamo、楽天、Ymobileなど多くの携帯会社が乱立しています。

このような状況で、自分はどこの携帯会社がいいんだろう?

そんな風に思ったことはありませんか?

3大キャリア、サブブランド、格安携帯など携帯会社には様々な位置づけがあります。

なんとなくのイメージはある方も多いと思いますが、具体的にどう違うのか、と言われると・・・となる方も、多いのではないでしょうか?

そこで、今回は 、携帯料金からはちょっと離れて、各携帯会社の位置づけについて詳しく見ていきたいと思います。

携帯料金について、詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。

この記事を読めば、携帯会社の位置づけを明確にし、それを理解した上で、携帯会社を選ぶことができる用になります。

携帯会社の位置づけについて、冒頭に結論を言うと、以下のカテゴライズになります。

☑自社回線を持つdocomo、au、SoftBank、楽天
☑docomo、SoftBank、auのサブプランである、ahamo、LINEMO、povo
☑SoftBank、auのサブブランドであるYmobile、UQmobile
☑その他格安携帯

それぞれのカテゴリーによって、料金やサポートが大きく変わります。

詳しく見ていきましょう!


1、携帯会社のカテゴライズ、格安携帯って何?

そもそも、近年よく言われる格安携帯って何なのか?何を格安携帯と呼ぶのか?

これについて解説していきたいと思います。

携帯会社には大きく分けて、4つのカテゴリーがあります。

①自社回線を持つdocomo、SoftBank、au、楽天

まず、携帯会社は大手3大キャリアに楽天モバイルを含む、自社で回線設備を持つ4社があります。

自社回線設備を持つ4社 ☞ docomo、SoftBank、au、楽天

これらのブランドは自社で回線を持つため、設備の維持管理費がかかりますから、今まではどうしても携帯料金が高額になっておりました。

②ahamo、LINEMO、povo(docomo、SoftBank、auのサブプラン)

次に、2021年春発表されたahamo、LINEMO、povoです。

これらはキャリアメールが利用できないものの、位置づけとしては、docomo、SoftBank、auの「サブプラン」というような位置づけとなります。

ahamo、LINEMO、povo ☞ docomo、SoftBank、auのサブプラン

これらのプランは、今まで高額と言われていた携帯料金を、格安携帯会社ではなく、「docomo、SoftBank、auそれぞれが提供した」という点で大きな注目が集まりました。

申し込み方法や加入後のサポートをWEBで完結させることで、高容量のプラン料金の大幅な値下げに成功しました。

③サブブランド

SoftBank、auが直接携帯サービスを提供しているのに対して、サブブランドは、SoftBank、auそれぞれが母体となりできた新たな携帯会社のことを指します。

親会社、子会社のような関係ですね。具体的にはSoftBankのサブブランドYmobile、auのサブブランドのUQmobileがあります。

Ymobile、UQmobile ☞ SoftBank、auのサブブランド

※docomoにはサブブランドがないため、ahamoが「サブブランド」と言われることがあります

これらサブブランドでの提供プランは、従来までの携帯料金に比べて、非常に格安で利用することが可能となりました。

Ymobile、UQmobileの誕生あたりから、格安ブランドや格安携帯という言葉が世間的に広がってきたのではないかと思います。

④格安携帯

③のYmobile、UQmobileも格安携帯といえば格安携帯ですが、SoftBank、auが運営母体になっています。

「格安携帯とは」を端的に表すと、①と比較して、「自社で回線設備を持たず、docomo、SoftBank、auの回線を借りて、サービスを提供している会社」のことです。

格安携帯とは、他社の回線を借りて、サービスを提供している会社

自社で回線設備を持たないため、比較的運用コストが安くすむことで、携帯料金も安く提供できます。

お気づきかもしれませんが、自社で回線を持たないため、極論どのような業者でも、格安携帯を提供することができるのが特徴です。

イオンmobile、LINEmobile、J:COMmobileなど格安携帯会社は無数にあります

2、携帯会社カテゴライズ、まとめ

図でまとめますと、以下の通りです。

詳しくまとめると、

1,独自回線を持つdocomo、SoftBank、au、楽天があり

2, 1のうち、docomo、SoftBank、au各会社が提供するahamo、LINEMO、povoというサブプランがあり

3, 1のうちSoftBankにはYmobile、auにはUQmobileというサブブランドがあり、

4, 1とは異なり、独自回線を持たず、1のdocomo、SoftBank、auから電波を借りてサービス提供しているのが格安携帯会社

ということになるわけです。

この知識だけでも頭に入れておけば、携帯料金が安く提供されている理由も、自ずと理解できてくると思います。

もっと分かりやすいように、携帯キャリアを鞄に例えてみましょう。

①のようなカテゴリー、つまり、docomo、SoftBank、auを選ぶということは、同じ鞄を買うにしても、LOUIS VUITTONというブランド物の鞄を買うようなもの。

要は、多少料金を払っても、ブランドへの拘りがある人はその料金以上の価値を感じられるのかも知れません。

②のahamo、LINEMO、povoだと、同じLOUIS VUITTONというブランドの鞄でも、ネットショッピング限定商品として、通常よりも割安で購入できるようになったというようなイメージしょうか?

ブランドは同じLOUIS VUITTONなので、ブランドへの拘りがある人でも、「購入しよう」という気になるかもしれません。

③のYmobile、UQmobileだと、LOUIS VUITTONが、本ブランドより安価な新しいブランドを立ち上げたというのが近いですね。

LOUIS VUITTONが好きだけど、同じブランドが関わっているブランドなら機能もいいし、使ってみようかなってなりますよね!

最後に④は、簡単に言ってしまえば、ノーブランドの鞄でしょうか。

鞄としての機能はLOUIS VUITTONにも劣らないため、非常に丈夫なわけです。ブランドに拘りがなく、機能性を求めるなら断然安い方がいいですよね?

このように、携帯会社を選ぶ=鞄を買うと置き換えると、非常に分りやすい気がしてきませんか?

皆さんは何を重視して、携帯会社を選ぶでしょうか?

ぜひ一度考えてみて下さい。

では、本日はこのあたりで!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました