関西お住まいの方必見!関西電力と大阪ガス、電気料金・ガス料金徹底比較

電気料金・ガス料金が自由に選べるようになった昨今、電気会社、ガス会社が多すぎて、結局どこにするのが一番いいのか、と悩んだことはありませんか?

「どこでやってもさほど変わらないから、そのままにしている。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、自分のニーズにあった電気・ガス会社を選べば、毎月の電気代・ガス代を大幅に節約することができるんです。

なぜなら、電気・ガス会社の立場として、私たちに電気・ガスを切り替えてもらえると、その会社の売り上げに直結するため、少しでも料金を安くしようと各社が競っているからです。

私は、本業で、インターネットをはじめ、電気やガスなどの料金について、多くの方の料金プランの節約のサポートをしてきました。

この記事では、そんな私が対応した中で、関西で最も利用されている方が多い、関西電力・大阪ガスの電気・ガスプランについて詳しく解説したいと思います。

この記事を読めば、電気・ガスを関西電力・大阪ガスどちらでまとめた方がお得になるのかがすぐに分かるようになります。

先に結論を申し上げると、通常の電気・ガスプランで利用している場合、確実に関西電力でまとめる方が、全体の料金は安くすることができます。

オール電化や、特殊プラン(夜間電力・床暖房を利用しているなど)を利用されている場合は、大阪ガスでまとめる方がメリットがある方もいらっしゃいますので、あくまでも通常の電気ガスプランを利用されている前提で、以下詳細を解説していきます。

目次

1、電気・ガスの自由化とは?

以前は、関西のお住まいの方であれば、電気は関西電力・ガスは大阪ガスで利用するというのが当たり前でした。

しかし、電気は2016年4月から、ガスは2017年4月から、自由化され、小売り部分が地域の電気・ガス会社以外でも、自由に選択することができるようになりました。

あくまで、自由化とは、「小売り部分」のみのお話なので、当たり前ですが、電気(ガス)を変えたから停電しやすくなったというようなことは一切ありません。

イメージとしては、「支払先が自由に選べるようになった」と認識して頂ければ大丈夫です。

では、そもそも、なぜ自由化されたのでしょうか?

以前は、電気もガスも、地域の一つの企業により独占されている状況だったので、電気代・ガス代の競争が生まれず、利用者も一律同じ料金を支払うしかありませんでした。

そこで、自由に支払先を選べることで、多種多様なサービスを比較し、皆さんのライフスタイルに合ったプランを自分で選ぶことができるようになったのです。

しかし、この「自分で選ぶ」というのがやっかいで、逆に言うと、自分で検討しなければ、自由化前と何も変わらず、自分だけが取り残され、高い料金を支払っているということにもなりかねないのです。

電気ガスの自由化により、自分で好きな電気ガス会社を選ぶことができるようになった。

2、関西電力の電気・ガスプラン

それでは、まず関西電力の電気・ガスプランから見ていきましょう。

※「電気とガスをセットで利用する」ということが前提条件となります。

①電気プラン(従量電灯A VS なっとくパック)

「従量電灯A」というのが、一般的に利用されている通常の関西電力の料金プランになります。

それに対して、「なっとくパック」というのが、ガスを関西電力でまとめた場合に利用できる電気プラン(なっとくでんき)になっており、従量電灯Aと比べても、明らかに電気料金が安くなります。

ちなみに、電気料金の計算の仕方は、基本料金と従量料金で分かれており、それぞれで計算する必要があります。

例えば、150kWhを従量電灯A、なっとパックで利用する場合で考えてみましょう。

<従量電灯A>

最低料金341.01円+電力量料金20.31✕105(第1段階)+25.71✕30(第2段階)=3,244.86円

<なっとくパック>

最低料金285円+電力量料金20.31✕105(第1段階)+24.1✕30=3,140.55円

約104円、安くなります。

※実際の電気料金計算では再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額などが加算されますが、これはどこで電気を利用しても同じなのでここでは省略しています。

ガスとセットで利用することで、なっとくプランの電気料金が利用できる!

②ガスプラン

続いてはガス料金です。

こちらは

大阪ガスの一般料金との比較になっております。

ちなみに、いずれも2019年10月1日段階の単価になっており、2021年6月時点では、どのプランも料金単価は変わっています。

ガスなっとくプランについては、関西電力で電気とガスをまとめた際に適用される料金プランです。

また、大阪ガスでは、ガスの使用量が月20㎥を超える場合、一般料金よりも安価で利用できる「もっと割」というプランがありますので3つのプランでの比較となっております。

では、電気と同じように、ガスについても具体例を用いて料金比較していきましょう。

ガスの使用量が50㎥だったときの計算の仕方を例に挙げて見ていきたいと思います。

<大阪ガス(一般プラン)>

基本料金1,364.81円+従量料金144.52円✕50(20㎥から50㎥まで)=8,590.81円

<大阪ガス(もっと割プラン)>

基本料金1,534.9円+従量料金135.45円✕50(20㎥から50㎥まで)=8307.4円

<ガスなっとくプラン>

基本料金1,262.33円+従量料金133.66円✕50(20㎥から50㎥まで)=7,945.33円

ガスなっとくプランが一番安く、次いで大阪ガスもっと割、大阪ガス一般料金という順番になりました。

また、ガスなっとくプランは、電気とまとめて利用することでガス代金から3%の割引が適用されます。ですので上記の例で見ると、7945.33円✕0.97=7,706.97円となります。

使用量20㎥以上利用する場合なっとくプラン→もっと割→一般料金の順で安く利用できる。

3、大阪ガスの電気・ガスプラン

続いて、大阪ガスの電気・ガスプランを見ていきましょう。

※電気とガスをセットで利用すること前提に話を進めていきます。

①電気プラン(従量電灯A VS ベースプランA-G)

「ベースプランA-G」というのが関西電力の従量電灯Aに相当するプランです。

大阪ガスの電気プランの特徴としては、アマゾンプライムの料金や、ragikoの料金が基本料金の中に含まれるプランなど、コースが様々あります。

しかし、電気料金に焦点を当てると、ベースプランA-Gが最安になるので、ここではこのベースプランA-Gのみ取り上げたいと思います。

では、150kWhを、従量電灯A、大阪ガス電気で利用した場合の例を見ていきたいと思います。

<従量電灯A>(関西電力のパートで紹介した例と同じのため、計算は省略)

=3,244.86円

<大阪ガス電気>

最低料金285円+電力量料金20.31✕105(第1段階)+24.9✕30(第2段階)=3,164.55円

従量電灯Aと比較すると、約80円安くなります。

※実際の電気料金計算では再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額などが加算されますが、これはどこで電気を利用しても同じなのでここでは省略しています。

大阪ガスで電気とガスをセットで利用することで適用されるのがベースプランA-G

②ガスプラン

続いてガス料金について見ていきます。

大阪ガスの場合は、関電ガスで設定されているような、電気とガスをセットで利用することで、新たに利用できる料金プランはありません。

ですので、一般料金か、もっと割のどちらかを選択し、大阪ガスの場合も関西電力と同様、電気とガスを瀬戸で利用することで、ガス料金から3%の割引が受けられるようになります。

大阪ガスも関西電力と同じく電気とガスセットで利用することで3%の割引が適応できる!

4、関西電力VS大阪ガス、どちらがお得に利用できる?

それでは、最後に、関西電力と大阪ガス、どちらで電気ガスをまとめるのがお得に利用できるのかを詳しく見ていきたいと思います。

電気料金について、今一度通常の従量電灯A、なっとくパック、大阪ガス電気の料金表を見て下さい。

最低料金と従量部分(電力量料金)については、なっとくパックと大阪ガス電気共に、同料金でそれぞれ285円、20.31円となっております。

しかし、従量部分(電力量料金)の、第2段階、第3段階については、なっとくパックの方が安くなっているため、結果、関西電力でまとめた方が割安で利用できることが分ります。

ちなみに上記の料金単価は月ごとに変わる可能性がありますので、あくまで参考値としてご覧下さい。

ただし、料金単価は変わっても、なっとくパックの電気料金が大阪ガス料金と比べて割安であることは変わらないでしょう。

続いてガス料金です。

もう一度先ほどのガス料金表を見てみましょう。

基本的にガスについても、どの利用量になったとしても、なっとくプランのガス料金が最安になります。

ただし、ガスについては、床暖房がついていたり、通常のガスプランでない場合は、大阪ガスでまとめた方が安くなるケースもあるかと思いますので、その点はお気をつけ下さい。

5、まとめ

いかがでしたでしょうか?

見て頂いたら分るように、電気・ガスを関西電力と大阪ガスでまとめる場合は、関西電力でまとめた方が料金が安くなることが分って頂けたと思います。

しかし、特にガスについては床暖房がついていたり、ガスコンロが設置されていたりすると、大阪ガスでしか受けることができない割引がついてきたりすることがあります。

自分自身がもともと、どのようなプランで利用していたのかをきちんと把握することが何よりも重要になります。

電気、ガスについては切り替えれば、それぞれ別で利用するよりも確実に利用料金を節約することができます。

たまに、心配される方がいらっしゃいますが、電気ガスを変えたからといって、停電したり、トラブルに巻き込まれることが多くなることは決してありません。

それは、電気ガス料金の支払先は変わっても、もともとの設備は変わらないからです。

今回は、切り替え方法については触れませんでしたが、電気ガス共に、供給地点特定番号、お客様番号があれば簡単に切り替えることができます。

それぞれの番号は、検針票に記載されていますし、関電であれば「はぴeみる電」、大阪ガスであれば「マイ大阪ガス」というWEBサイトで見ることもできます。

それでも分からなければ、関電、大阪ガスに問い合わせればすぐに教えてくれます。

また、会社変更に際してかかる、手数料や違約金もかからないところがほとんどなので、インターネットのように切り替えのタイミングを図る必要もありません。

(一部の事業者では違約金等かかる場合がありますので、確認が必要です。)

更に、会社によっては切り替えてからしばらくは、基本料金が無料になったり、キャッシュバックがあるなどキャンペーンをしいているところも多数あります。

ちなみに、関西電力では、2021年7月時点で関電ガス「なっとくプラン」に新規申し込みすると、ガスの基本料金が2ヶ月分無料になるキャンペーンがあります。

大阪ガスでも、電気をまとめると電気の基本料金が6ヶ月間、半額になるキャンペーンがあります。(期間はいずれも、2021年7月~2021年9月30日)

あなたに合うプランはどちらでしょうか?

このようなキャンペーンも駆使し、電気・ガス料金の節約を検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

33歳、妻・0歳児息子の3人家族
通信業勤務10年、携帯・NET関係のプロ。経済的に会社に依存している状態に危機感を抱き、FP・簿記を取得、「お金」について学ぶ。
家計・通信の節約、資産運用、おすすめ書籍紹介など、役に立つ情報を発信。
ブログ2ヶ月でGoogle AdSense合格、7ヶ月で4桁収益達成。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる