時間がないサラリーマン必見! 勉強時間を確保する唯一の方法

資格を取りたいけれど、時間がないから諦めているサラリーマンの方は多いのではないでしょうか?

実は時間がないサラリーマンでも、時間を確保し、短期間で資格を取得できる方法があるんです。

それは、隙間時間勉強法です。

サラリーマンの方は意外と隙間時間が多く、この時間を有効活用するだけで確実に勉強時間を確保し、目標としている資格を取得することができます。

私は、この隙間時間勉強法を駆使し、忙しいサラリーマン生活の中、子育てをしながら、FPや簿記の資格を取得することができました。

この記事では、時間がないサラリーマンが、隙間時間を使って、確実にステップアップできる方法を教えます。

この記事を読むと、家族との時間を犠牲にすることなく、目標の資格を取得し、ステップアップすることができます。

半年間でファイナンシャルプランナー2級・3級を取得したノウハウを全て伝授します

目次

1、隙間時間を生み出す。

サラリーマンの方はとにかく忙しいです。

朝から晩まで仕事をし、家に帰れば、奥さん、子どもの相手をし、夕食を食べ、お風呂に入れば、もう23時・・・

とてもそこから勉強する時間なんて取れません。

そこで、お勧めするのが、隙間時間を生み出すことです。

私が実践する隙間時間勉強法は、一言で言うと、「隙間時間を学習時間に充てること」ですが、厳密に言うと「隙間時間を作り出す」勉強方法です。

「隙間時間を作り出す」とは、「わざと隙間の時間を長く取る」ことです。

具体的に解説していきます。

①出勤時間前倒し法

まず、サラリーマンの隙間時間として一番頭に浮かぶのは、通勤時間ではないでしょうか?

私の場合、通勤時間は電車で片道15分、往復で30分になるので週5日勤務で150分の時間になります。

しかし、1日30分では、時間が足りません。そこで、朝家を出る時間を1時間早くします。

電車に乗る時間も早くなるので、駅に着く時間も1時間早くなります。

私は、余計なお金を使うのが嫌だったため、駅のホームに座って1時間勉強後、出社しています。

いかかでしょう?

こうすれば、毎日電車の中で30分、駅で1時間、合計1時間30分もの時間が取れます。

週5勤務であれば7時間30分、これを習慣化させれば、朝の隙間時間だけで、月30時間もの時間を作り出すことができるのです。

もし、駅では集中できないという方は、カフェを利用してもいいでしょう。いずれにしても、この1時間前倒し出勤法はかなり有効ですので是非試してみて下さい。

「なんだ!そんなん当たり前やん!」そう思われる方多いかも知れませんが、実際に毎日実践してみると、朝の時間が非常に有意義になり、会社に出勤した際も、何か人よりうまく時間を使えたような気になって嬉しくなります。

②仕事の合間時間有効活用法

次に仕事中です。これは業種や仕事内容によっては難しいかもしれませんが、外回りの方など、ある程度時間を自由にコントロールできる方にはお勧めです。

もちろん、本業を疎かにしてはいけませんが、仕事中でも隙間時間を生み出すことができます。

特に狙い目はお昼休みです。

私の場合、食事は1日1食にしているため、お昼ご飯は食べません。

なので、毎日1時間は丸々勉強時間に充てることができています。

もちろん、ほとんどの方は、お昼ご飯を食べておられると思いますので、昼休憩すべての時間を充てられなくとも、半分の30分でも充てることができれば、週5日で1時間30分、月で6時間相当の時間を作り出すことができます。

また、お昼休憩以外でも、アポイントとアポイントの隙間時間や、仕事中での移動時間がある場合は、その時間を有効活用するようにしましょう。

③帰り時間後ろ倒し法

これは朝の通勤時間と逆の考え方です。

毎日ではなくとも、定時デーなど、いつもより早く帰ることができるときは、1時間駅などで勉強をして帰ります。

私の場合、毎日帰る時間が分かったら、その時点で妻に連絡をしますが、勉強をして帰るときは30分から1時間、帰る時間を遅く伝えています。

前もって伝えているので、夫婦でもめることも一切ありません。笑

2、徹底的に時間に拘ること

サラリーマンで働いていると、自分の時間単価を意識できなくなってきます。それは給料があらかじめ決められており、私たちの裁量ではどうすることもできないからです。

言うまでもないですが、時間は有限です。そして、私たちが一番欲しているものは時間です。

時間があれば、お金を稼ぐこともできますし、勉強することもできます。

この隙間時間勉強法を有効に実施するためには、時間に対してシビアになることが非常に重要になってきます。

通勤中の電車の中を想像して下さい。

電車の中では様々なことをしている人がおりますが、そこでスマホをなんとなく触っているのか、自分を律して勉強をしているのか、毎日の積み重ねは、大きな差を生み出します。

眠たいとき、どうしてもスマホを触りたいときもあるかもしれません。

しかし、そんなときこそ、目的を思い出し、「今日だけはいいかな」と思うのではなく、「決めた時間は必ず勉強しよう」という強い意志を持って下さい。

これは多少、精神論ですが、その気持ちがあなたの気持ちを変え、その気持ちで行動が変わるでしょう。

3、家では家族とゆっくり、自分自身の趣味の時間も大切に

1日1日の努力は決して馬鹿にできません。

こうして、隙間時間を徹底して勉強時間に充てることができれば、少なくとも月40~50時間を生み出すことができます。

ファイナンシャルプランナー2級の試験勉強時間で言えば、個人差はあるものの、大体150~300時間ほどあればいいと言われておりますが、毎日積み重ねれば、4~5ヶ月でその時間に達します。

そして、私がこの勉強方法で最も重要だと思うことは、メリハリをつけることです。

家に帰っても、外と同じように時間に拘って、勉強していると、家族の理解が得られなく、不仲になってしまったり、追い込みすぎて、勉強自体やめてしまいかねません。

外で頑張って仕事をし、更に勉強までやってきたのであれば、家に帰ってからは家族との時間や自分の時間を大切にし、勉強のことは忘れて楽しく過ごすことが大切です。

家にいる時間は極力リラックス! 家屋と過ごしたり自分の時間を大切に!

4、まとめ

繰り返しになりますが、時間は有限です。

時間がないのは誰もが同じですが、その中でも時間を作り出すことは可能です。

仕事でも、優先順位が高い仕事は必ずその日の内に終わらせることができるはずです。

勉強時間も同じように、自分の中の優先順位をぐっと上げてみて下さい。

そうすれば自ずとなかったはずの時間が生まれてきますし、勉強のために時間を作るように習慣付いていきます。

家の外の時間を目一杯拘り抜き、家に帰ればリフレッシュ。

このメリハリをつけることができれば、色んなことがうまくいきだします。

私の場合は、資格の取得ができたことはもちろんですが、様々なことにアンテナを向けることができるようになり、今まで仕事以外でできなかった様々なチャレンジもできるようになりました。

この記事を読んで下さったあなたも、この記事の内容を実践し、少しでも今までの自分より成長を感じて頂ければ嬉しいです。

一緒に頑張っていきましょう!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

33歳、妻・0歳児息子の3人家族
通信業勤務10年、携帯・NET関係のプロ。経済的に会社に依存している状態に危機感を抱き、FP・簿記を取得、「お金」について学ぶ。
家計・通信の節約、資産運用、おすすめ書籍紹介など、役に立つ情報を発信。
ブログ2ヶ月でGoogle AdSense合格、7ヶ月で4桁収益達成。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる