携帯新料金プラン ahamo、LINEMO、povo料金比較

多くの携帯会社があるものの、会社やプランが多すぎてよく分からない。

そう思われている方は多いのではないでしょうか?

それもそのはず!

今や携帯会社の数は100社以上に上ります。

そんな無数の会社の中から、自分に最適なプランを選び出すのは非常に困難です。

更に、2021年3月から、docomo、SoftBank、auの大手3社でも、自社のブランドで今まで以上に安く利用できるahamo、LINEMO、povoが登場しました。

おきな嫁
おきな嫁

もう、どこがいいのか余計に混乱してくるね・・・笑

おきな
おきな

そうだよね。でもahamoなどの新プランはシンプルで意外と分かりやすいんだよ!

この記事では、新しく登場したahamo、LINEMO、povoのプラン詳細を分かりやすく解説します。

この記事を読めば、今まで、よく分からないまま、携帯料金を1万円近く払っていたあなたの携帯料金が、半額以下におさえられるようになります。

私は通信会社に勤め、月100人近くの携帯料金の相談を受けてきました。

その経験の中で分かった、携帯キャリアを乗り替える際、最も重要なことについてはこちらをご覧下さい。

この記事では、ahamo、LINEMO、povoの特徴を詳しく解説していきながら、どのような方が、それぞれのプランに向いているのかを具体的にお伝えします。

こんな方におすすめ!
☑携帯料金が高額でお悩みの方
☑大手3キャリアで月平均10ギガ~20ギガ利用している方
☑低容量(~3ギガ)利用にも関わらず、携帯料金が5,000円を超えている方
 
 
目次

1、各サブブランドの特徴

2021年3月以降登場した、ahamo、LINEMO、povoですが、従来のdocomo、SoftBank、auとは大きく異なる仕様になっています。

まずは従来のプランと異なる点を見ていきましょう!

①申し込み方法

ahamo、LINEMO、povoへの契約切り替えは、ショップでの手続きではありません。

基本的に、全てWEBサイトからの申し込みとなります。

申し込みはWEBから、変更手数料無料、自身で開通手続き

ahamo、LINEMO、povo共に申し込みは、いずれもWEBから行う仕様となっています。

もともとのキャリアで利用できていたサービスが、利用できなくなるものもあるので、事前に自身で各サービスの申込、変更が必要なケースがあります。

②プラン内容

正直、docomo、SoftBank、auの料金プランは多岐に渡り、詳細のオプションサービスまで全て把握するのは非常に困難でした。

しかし、このahamo、LINEMO、povoはプランが限られており、非常に分かりやすく、毎月の料金について混乱することもありません。

プランはシンプル、分かりやすい!

③メールアドレス

docomo、SoftBank、auの場合、それぞれのキャリアから割り当てられたメールアドレス(キャリアメール)があります。

@docomo.ne.jpなどですね。

しかし、今回の新プランに変更すると、今までのキャリアメールは利用できなくなります。

基本的に、他の格安携帯会社も含めて、フリーメールに変わるんですね。

@gmailとか@yahooというやつです。

フリーメールを利用していれば、今後携帯キャリアがどこに変わったとしても、アドレスは変わることがないので、フリーメールを日常的に利用するようにしましょう。

キャリアメールは廃止、全てフリーメールに統一

④申し込み制限

後に各サービス毎に解説しますが、基本的に申込者は18歳以上である必要があります。

WEBからの申し込みなので、申し込み時に本人確認書類を撮影し、アップしなければなりません。

※2021年9月末からスタートするpovo2.0では年齢制限が13歳に変更となりました。

申し込みの際、年齢制限あり

⑤テザリング機能

今回のサービスでは、テザリングオプションで料金がかかることはありません

テザリングとは?
モバイル通信ができる端末を利用して、PC、タブレット、ゲーム機などをインターネットに接続すること。

従来は、このテザリングを利用する際に、オプション料金として数百円かかっていました。

しかし、今回の新プランでは特に追加オプションなくテザリングを利用できます。

テザリングは追加料金なく利用可能

2、各社プラン詳細

ここまで、3社共通の仕様部分を見てきましたが、ここからは、各サービスの詳細の内容について見ていきましょう!

①ahamo 料金プラン

ahamoの料金は分かりやすく20GBの1プランのみです。

5分かけ放題が無料でついてきて、20GB超過後は1GB550円で容量追加ができます。

※料金は税込み表記

また、ahamoでは、SIMのみの申し込みだけではなく、機種変更伴う機種つきの申し込みもできます。

機種つきで購入した場合は、ahamoの端末保証に加入することもできます。

端末保証 550円~1,100円(機種により月額料金が異なる)
※機種毎の料金を知りたい方はこちら

機種はahamoの申し込みサイトから選ぶことができますが、最新の機種は取り扱っていません。

ahamoWEBサイトから新機種を購入希望の場合は、docomoオンラインショップでの購入になり、手続き方法が一部異なりますのでご注意下さい。

また、2021年9月からahamoの支払いをdカードに指定することで、dカードボーナスパケット特典が利用できるようになりました。

dカードボーナスパケット特典とは?(ahamo公式HPより抜粋)

ahamo料金のお支払いを「dカード」もしくは「dカード GOLD」に設定されているお客さまについて、毎月のデータ容量を増量します。

特典内容

 dカードの場合 +1GB/月
 dカードGOLDの場合 +5GB/月
対象条件

以下2つの条件を満たすお客さまに特典を進呈いたします。

  1. ahamoの電話番号を「dカード」もしくは「dカード GOLD」のご利用携帯電話番号として登録しているお客さま。
  2. ahamoの料金のお支払いを「dカード」もしくは「dカード GOLD」に設定しているお客さま。
  • dカードボーナスパケットは、条件1と条件2を満たした翌月に進呈されます。
  • +5GB(dカード GOLD)と+1GB(dカード)の判別は、対象条件1におけるdカードの券種にて行います。
  • その他の詳細条件は、「dカードを申し込む」からご確認ください。

ahamoの支払い方法をdカードに設定すると、対象のカードによって、毎月のギガ数が追加されます。

支払い方法を設定するだけで適応になるので、ahamoユーザーの方は、やって損はないですね。

参考URL ahamo公式サイト

②LINEMO 料金プラン

LINEMOの料金プランは、スマホプラン、ミニプランの2パターンです。

スマホプランは20GB、ミニプランは3GBの容量です。

低容量プランとしては、3GB990円はかなりの格安です。

音声オプションも2パターンあります。

1回5分以内のかけ放題が550円(1年間無料)、通常のかけ放題が1,650円(1年間1,100円)になります。

※料金は税込み表記

また、LINEMOの最大の特徴として、LINEアプリを使ったトーク・音声・ビデオ通話が使い放題となります。

20GB(3GB)の通信速度制限を超過し、通信速度制限がかかっても、LINEアプリの通信速度はおちません。

通話をLINEアプリで済ませられる場合は、音声オプションの必要もないので、通話料金を安く抑えることができます。

LINEアプリが使い放題。通信速度制限もなし。

参考URL LINEMO公式サイト

③povo 料金プラン ※2021年9月末より新プラン登場

povoのプランは2021年9月より大きく変更となります。

2021年9月以前までのpovo1.0と2021年9月以降のpovo2.0でプランの仕様が大きく変わります。

ちなみに、2021年9月以降は、新規受付は全てpovo2.0となります。

しかし、以前のpovo1.0ご加入の方は、引き続き以前のプランを利用することはできるようです。

まずは、povo1.0の料金プランを見ていきましょう。

povo1.0のプランは、ahamoと同様、20GBの1プランだけです。

音声オプションの料金はLINEMOと同様、1回5分以内のかけ放題が550円、通常のかけ放題が1650円となります。

※料金は税込み表記

povo1.0の特徴としては、1日(24時間)データ使い放題のオプションが220円で追加できます。

例えば、旅行などで、長時間外で携帯電話を利用する場合など、このデータトッピングを使えば、1日中ギガを使い放題で使えます。

使いたいときに、1日単位でギガを使い放題にトッピングできるので、イレギュラーな長時間外出時は便利です。

1日単位(220円)で、ギガ使い放題のトッピングを利用できる。

続いて、povo2.0の料金プランです。

povo2.0では、基本料金は0円で、自分のニーズに応じて、データ容量をトッピングするという新しい仕様になります。

ギガのトッピングがない場合の通信速度は128kbpsとなり、最後に購入した有料トッピングも有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入がない場合、利用停止や契約解除、別途所定の手数料がかかる場合があります。

※料金は税込み表記

注目すべきは、各社1ヶ月あたり○GBとなっているのに対して、povo2.0のギガトッピングは1ヶ月単位だけではなく、3ヶ月や半年のトッピングがあることです。

また、ギガだけでなく、DAZNやsmashなどの動画コンテンツについても、トッピングとして追加できるようになっております。

自分のライフスタイルに応じて、細かいところまでトッピングできるので、うまく使えば、料金を最小限に抑えることができそうです。

そして、povoでは新たに「ギガ活」が始まります。

「ギガ活」というのは、日常で利用する店舗でギガを「もらう」ことができるサービスです。

例えば、ローソンで500円以上の買い物をすると、300MB(3日間)がもらえます。

他にも街中のスポットでギガを「もらう」、抽選などでギガが「あたる」こともあります。

ギガ活とはギガを「もらう」「さがす」「あたる」こと。

対象店舗や対象サービスはKDDIの公式サイトでご確認下さい。

参考URL povo公式サイト

3、ahamo・LINEMO・povo料金比較まとめ

以上、ここまでそれぞれの料金体系を見てきました。以下の表をご覧下さい。

※料金は税込み表記

【ahamo】

ahamoは基本料金が1プラン、基本料金の中に5分かけ放題も含まれています。

また、携帯端末の機種変も併せてできるのもahamoだけになります。

ahamoで購入した機種の場合は、端末保証もつけることができます。

機種変更も併せて行いたい方、音声通話を比較的利用される方はahamoがお得

【LINEMO】

20GB、3GBと高容量・低容量を選択することができます。

また、いずれのプランもLINE利用の際のギガが無制限で利用できます。

低容量で安く利用されたい方、LINE通話で電話を済ませられる方はLINEMOがお得

【povo】

今後povoで申し込みする際は、povo2.0のプランでの利用になります。

基本料金は無料で、トッピングで自分のニーズに合ったギガをセレクトする形になります。

また、DAZNなどのネット動画と組み合わせることもできるので、自分自身の好みに合わせたカスタマイズができるのがpovoの特徴です。

ギガの利用が月単位でバラバラの方は、povoがお得

それぞれのキャリアの特徴にあったプランを、自身のニーズと照らし合わせて選ぶようにしましょう!

4、切り替え時注意点

ahamao、LINEMO、povoに切り替える場合、いくつか注意点があります。

切り替えをご検討中の方は、切り替え前に必ず確認して下さい。

①機種利用可否の確認

今利用している機種をそのまま利用して切り替える場合、その機種が利用できるかの確認が必須になります。

機種利用可否の確認は、各キャリアのWEBサイトから

万一、対応していないのに切り替え作業を実施してしまうと、動作しない場合もありますので、必ず確認して下さい。

②SIMロック解除

今利用している機種をそのまま利用して切り替える場合、機種が利用できることが確認できたら、SIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除とは?
今のキャリアでしか利用できないように端末にロックがかかっているため、どこのキャリアでも利用できるようにそのロックを解除すること。

SIMロック解除は、WEBからであれば無料でできますが、ショップで対応してもらうと1台あたり3,300円(税込)の手数料を取られてしまいます。

なるべく自身でやってみることをおすすめします。

docomo、SoftBank、auであれば、それぞれ「My docomo」「My SoftBank」「My au」のページから簡単にできます。

各社SIMロック解除の手順について知りたい方は以下をご覧下さい。

docomo SIMロック解除についてこちら
SoftBank SIMロック解除についてはこちら
au SIMロック解除についてはこちら

③MNP予約番号取得

最後に、他社から番号継続でそれぞれのキャリアに乗り換えたい場合は、10桁のMNP予約番号が必要です。

電話番号を他社でも利用できるようにするための予約番号がMNP予約番号です。

予約番号はWEBから取得できる場合と各キャリアに電話して、オペレーターとやりとりが必要な場合と2パターンあります。(ショップでも可能です。)

これについては、今、契約しているプランや契約状況によって、WEBでできる場合とできない場合があるので、困ったらキャリアに直接問い合わせてみて下さい。

また、MNPの予約番号には取得してから2週間という「期限」があります。

切り替えたい予定日より、あまりにも前に取得してしまうと、いざ必要なときに期限が切れていることもあります。タイミングも計画的に行って下さい。

ちなみに、仮に有効期限が過ぎてしまっても、期限が切れてからであれば、同じように、また新たな予約番号を取得することができます。

以上、切り替えの際は、確認をお忘れなく!

5、まとめ

ahamo、LINEMO、povoの登場で、今までの携帯市場がまた大きく変わりました。

従来のショップでの対面対応から、WEBでの非対面対応に変わることで、大幅な携帯料金の値下げが可能となったからです。

ある程度、携帯電話についての知識がある方であれば、ショップに訪れるのは、だいたい機種変更するときぐらいで、それ以外はほとんど立ち寄らないですよね。

ですので、これらの新プランは、携帯電話に詳しい方には、料金面でもかなり魅力的なプランと言えます。

携帯料金を安く抑えることができる新しい手段ができたのは、私たちの家計にとって、大きなプラスになります。

携帯電話は、今や自分のニーズに応じて、自由に選択できる時代です。

みなさんも、自分に合った最適なプランを見つけて、より安く、より快適に利用しましょう!

この記事が、少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

33歳、妻・0歳児息子の3人家族
通信業勤務10年、携帯・NET関係のプロ。経済的に会社に依存している状態に危機感を抱き、FP・簿記を取得、「お金」について学ぶ。
家計・通信の節約、資産運用、おすすめ書籍紹介など、役に立つ情報を発信。
ブログ2ヶ月でGoogle AdSense合格、7ヶ月で4桁収益達成。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる